ビットコインとアルトコインの違い

ビットコインは知ってるけど、アルトコインってなんんだろう?

という方も、いると思います。

アルトコイン(オルトコイン)は、

ビットコイン(bitcoin)以外の仮想通貨の総称のことをいいます。

ビットフライヤーを例にしてみると

「アルトコイン販売所」にある、これらの仮想通貨のことをいいます。

 

イーサ(イーサリアム|Ethereum)
イーサ(イーサリアムクラシック|Ethereum Classic)
ライトコイン | Litecoin
ビットコインキャッシュ | Bitcoin Cash
モナコイン | Monacoin
リスク | Lisk

も、アルトコイン(オルトコイン)というわけです。

2018年1月現在で1469種類といわれたアルトコイン(オルトコイン)は

2018年5月時点では、1,600種類以上にまで増加。

今後も、増えていくことが予想されますが

1,600種類以上の全てのコインに価値がある訳ではありません、

その存在が知られる前に消えていくものもたくさんあるので

仮想通貨としての将来性が期待できるコインに投資していかなくてはいけません。



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。