仮想通貨の歴史と黒歴史

仮想通貨の歴史

仮想通貨はビットコインのスタートにより始まります。

ビットコインのような仮想通貨は、暗号通貨(クリプト・カレンシー)といい

暗号を利用して、偽造したりできないようにしています。

2008年にサトシ・ナカモトという人物が

『Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』

(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)という論文を WEB で公開します。

この論文は多くの人々に支持され開発・普及が進み

2009年に世界初の暗号通貨『ビットコイン』が誕生します。

 

仮想通貨の黒歴史

東京(世界最大級)のビットコイン取引所だったマウントゴックスのサーバーが

サイバー攻撃を受け、ハッキング被害にあいます。

マウントゴックス事件

その結果、約 75 万枚のビットコインが消失するという大事件起こりました。

当時のレートで約480億円が消失したというものです。

全世界のメディアが大きく取り上げたことでビットコインは注目を浴び、

またビットコインの信用は落ちていきました。

仮想通貨は闇サイトで流通

Deep Web上に作られたシルクロードという闇サイトで

ビットコインは多く使われたそうです。

シルクロードは薬物、銃、流出クレジットカード情報など違法なものや

情報の取引に使われていて、その決算手段としてビットコインが使われていたのです。

後に、FBI により闇サイトは閉鎖されました。

しかし複数のサイトが闇サイトに復活し、いたちごっこになってしまっているようです。

ビットコイン=闇サイト、のつながりを想起させてしまうのは残念なことです。

 



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。