仮想通貨と暗号通貨

仮想通貨と暗号通貨の違いは

日本のメディアでは「仮想通貨」といわれているのが一般的ですが

米国などでは「暗号通貨(クリプトカレンシー:cryptocurrency)」と呼んでいます。

「特定の国家による価値の保証を持たない通貨」

暗号通貨を簡単に説明すると、

インターネット上で流通するデジタル通貨のことで

紙幣や貨幣を持たず、公的金融機関を通していない通貨です。

円・ドルなどの法定通貨とは違い、中央銀行や各国が発行しているわけではありません。

プログラムの中だけで存在・流通していて、銀行や国が介在していない通貨です。

 



キーワード



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。